サイトマップ

Google

後期高齢者医療制度

よくある質問


被保険者

Q:後期高齢者医療制度の対象者はどのような方ですか?
A:宮城県内にお住まいの75歳以上の方および65歳以上74歳以下の方で一定の障害のある方が対象となります。ただし、65歳以上74歳以下の方で一定の障害のある方については、後期高齢者医療制度への加入は任意となります。
Q:いつから被保険者となりますか?
A:75歳の誕生日から、被保険者となります。また、65歳以上74歳以下の方で一定の障害のある方は、広域連合に申請し認定を受けた日から被保険者となります。被保険者証は、75歳の誕生月の前月末までに、65歳以上74歳以下の方で一定の障害のある方は、認定を受けた日に郵送又は手渡しで交付されます。
Q:私は現在、息子の社会保険(被用者保険)の被扶養者ですが、75歳の誕生日以降、私の保険はどうなりますか?
A:現在家族が加入している社会保険の被扶養者の方は、75歳の誕生日から社会保険を脱退し、後期高齢者医療制度へ加入となります。後期高齢者医療制度への加入手続は必要ありませんが、社会保険の脱退手続が必要になる場合があります。
Q:私は72歳で夫の社会保険の被扶養者ですが、夫は平成20年4月以降に75歳になり、後期高齢者となります。私の保険はどうなりますか?(二人世帯)
A:75歳になられた方は、今までの国民健康保険やお勤め先の健康保険等から後期高齢者医療制度へ加入となります。健康保険等の被扶養者(後期高齢者になる方を除く)の方は、被保険者が後期高齢者医療制度の被保険者となった場合、市町村の国民健康保険に加入することになります。

制度前・制度後の対象(被保険者)となる方の変更

被保険者(障害認定を受けている方)

Q:後期高齢者医療制度の被保険者は、65歳以上74歳以下で一定の障害があると認定を受けた人も対象となっていますが、「一定の障害」とはどのような障害ですか?
A:これまでの老人保健制度と同様であり、基本的には身体障害者手帳1級から3級までと4級の一部、精神障害者保健福祉手帳1級から2級、療育手帳の重度障害と認定されている障害等となります。
Q:65歳以上74歳以下で一定の障害がある方は、後期高齢者医療制度に加入するかどうか選択できると聞いていますが、どのように選択するのですか?
A:加入するかどうかの選択については任意となります。対象者の方が、加入又は脱退の意思をお持ちになった時点で、お住まいの市区町村役所(場)の後期高齢者医療担当係(課)へご相談ください。